« May 2011 | Main | February 2012 »

仏果を得ず 三浦しをん

「仏果を得ず」 三浦しをん

文楽の義太夫修行中の健。人間国宝の師匠に翻弄されたり、寡黙で厳しい三味線とコンビを組むことになってしまったり、恋をしちゃったり。いろいろ人生に苦労しつつも文楽の道を極めるために突き進む!


おーもーしろかった!!
深く考えずにひまつぶしのつもりで読み始めたのだけど、ものすごくひきこまれました。
何せ見たことがない文楽というものにがぜん興味が出てしまったくらい。

それほど作中では文楽の魅力が熱く語られていました。1章ごとに出てくるいろんな作品も
とても興味ぶかかった。
文楽の人間国宝といえば、人形つかい?と思っていたけど、義太夫というのも、そしてもっといえば
三味線も、とても重要なんですね。
そして義太夫と三味線の間にはかたい絆が・・・(ずっと特定の人と組んだりするらしい。それを相三味線というらしい。そのへんんがいかにも三浦さんらしい書き方。って、べ、べつに腐ってなんか・・・げふんげふん^^;;)

なんだかんだ言って文楽のことしか考えてない健(そのわりに恋しちゃったりする)とか、
健の師匠の銀太夫とか、健の組む三味線の兎一郎さんとか、みんなキャラがおもしろくて
素敵なのです。
おすすめー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひそやかな花園 角田光代

「ひそやかな花園」 角田光代

あの夏のキャンプ。楽しかったあのキャンプに集っていた家族は、いったいどんな繋がりだったのだろう・・・?


毎年夏休みに、いくつかの家族が集まって行っていたキャンプ。そこに集っていた7人の子供たち。楽しかったそのキャンプは、しかし、ある年から急に行われなくなり、参加していた誰とも連絡が取れなくなってしまった。いつしか忘れていたそのキャンプの秘密を、大人になった彼らは探しはじめるが。

前半は、ミステリ風味で、話をぐいぐい引っ張りこれが面白い!そして、中盤に明るみになる、
キャンプの秘密、それが分かってからのそれぞれの葛藤・・・これが、また、ずっしりと考えさせるものでした。本当に、ものすごく考えてしまった。

でも、読後には、ありきたりだけど、生きていく力をもらえたような、
そんな本。
角田さんの作品の中ではかなりオススメです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | February 2012 »