« February 2011 | Main | May 2011 »

「写楽 閉じた国の幻」島田荘司

「写楽 閉じた国の幻」 島田荘司  新潮社
 
たしか、「このミス」ランクインの小説だったと思う。

いわゆる、写楽の謎、については、ひところ関連本を読みあさったりしました。
いまだに、明確な答えは出てないんですよね。(なかなか難しいんだろうな~)

で、この本はどうかというと、島田さんが提示してる答えは、
おお!なるほど!!と納得いくものだったし、ありそうな感じだし、根拠としてる
資料もしっかりしている。

ただ、これ、連載していたせいなのか、前半に出てくる「思わせぶり」なアイテムが
ほとんど肩すかしなのが、煽るだけ煽って、オイオイな感じです^^;;
肩すかしというか、説明不足だったり、伏線が回収されてなかったりなど。
前半で読者の気を引きつけるためにはやむをえなかったのかな~。

結論は興味深いものだから、いいんですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | May 2011 »