« December 2010 | Main | February 2011 »

「ジークフリートの剣」深水黎一郎 

「ジークフリートの剣」深水黎一郎 講談社

バイロイト音楽祭の「ニーベルングの指輪」でジークフリート役に抜擢された藤枝和行。婚約者の有希子もオルトリンデ役で出演することになり、前途洋々に思われた。が、一つの事件が起こり・・・

「五声のリチェルカーレ」の深水さんの作品です。
いちおうミステリですが、事件は起こるものの、主人公の和行はあんまり動じない。
キャラクターの設定が、日本人離れした声とメンタルの強さを持ち、いかにもジークフリートを演じるにふさわしい、恐れを知らない性格で、音楽的にも輝かしいキャリアの持ち主、
というようになってるからですが。
だから、これって、どこがミステリなんだ?
と思ってると、終盤ではちゃんとミステリになります。しかも、一応伏線は回収されるし、うまく出来てます。
まあそのミステリあれこれよりも、バイロイトや指輪に関する薀蓄が面白かったです。
指輪、いつか見てみたくなりました。
バレエ版でしか見たことないので。。。とりあえずDVDでも見れたらいいのですが。
日本で上演することって・・・あるのかな?しかし、あったとしても4夜見ないといけないというのは
ハードだなあ^^;;

探偵役をつとめるバイオリン弾きの神泉寺くんのキャラがおもしろかったのですが、彼は他の作品にも登場してたりするのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「光待つ場所へ」辻村深月

「光待つ場所へ」 辻村深月 講談社

しあわせのこみち ・ チハラトーコの物語 ・ 樹氷の街
の3作が入った短編集。

「しあわせのこみち」
絵を描くことにひそかな自負をもつ清水あやめは大学で出会った田辺颯也の映像作品に衝撃を受けるが・・・
『ひそかな自負』って辻村作品の登場人物にはよく出てくるモチーフで、表面上は周りと合わせながらも、心の中では、自分は普通とは違うと思ってるという少し上から目線な性質。
こういう、ジレンマ、みたいのを表現するのが辻村さんは上手いよなーと思います。

鷹野、が出てきたから、おそらく、あやめも「冷たい校舎~」の登場人物なんだろうなと思うんだけど、読んでる最中にはちょっと思い出せなかった・・・それと鷹野の彼女って誰だったっけ?


「チハラトーコの物語」
チハラトーコはガチで美人なモデル。トーコは嘘をつき続ける。なぜって、彼女の嘘は誰にも迷惑かけてないし、周りを幸せにするものなのだから。

チハラトーコって誰だったかな・・・これまた思い出せない。赤羽環が出てきたからたぶんスロウハイツ?

と、いうように、ちょっと思い出せない歯がゆさが脳裏にあった最初の2作。もちろん単独で読んでも別に問題なく面白いのですが。

「樹氷の街」合唱コンクールの自由曲で決まった「樹氷の街」。だが、ピアノ伴奏の倉田梢の腕がおいつかず・・・

中学だと、合唱コンクールってクラスの男子とかがなかなかまじめに歌ってくれなくて大変でした^^;; 

私、樹氷の街、歌ったことないんですよね。他クラスが歌ってるのを聞いたことあるくらいで。中盤の転調が激しいから難しそうだな、という印象でした。
大地讃頌とか河口の伴奏もかっこいいですよね。弾いてみたいけど、無理かな^^;;


光待つ場所へ、という表題のとおり、最後には明るい印象でおわるので読後感よいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »