« 「名前探しの放課後」辻村深月 | Main | 「別冊 図書館戦争2」 有川浩 »

「流星の絆」 東野圭吾


3人兄弟妹が夜中、流星を見にゆき、
帰宅すると、両親が何者かに殺されていた。
弟は、逃げてゆく犯人を目撃するが、犯人は見つからない。

という衝撃的なエピソードから物語がはじまる。

成長した兄弟妹は詐欺を働くようになり
そこで出会ったターゲットが・・・

兄弟の両親は洋食屋を営んでおり、そこの名物ハヤシライスが
重要なキーポイントとなる。

最後まではらはらどきどきで一気に読ませ、また、非常に読後感がよかったのも
高ポイントです。


|

« 「名前探しの放課後」辻村深月 | Main | 「別冊 図書館戦争2」 有川浩 »

は行の作家」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「流星の絆」 東野圭吾:

« 「名前探しの放課後」辻村深月 | Main | 「別冊 図書館戦争2」 有川浩 »