« 「雨のち晴れ、 ところにより虹」吉野万理子 | Main | 「キサトア」小路幸也  理論社 »

「安徳天皇漂海記」宇月原晴明

「安徳天皇漂海記」宇月原晴明 中央公論新社

壇ノ浦で入水した安徳天皇を軸に、第一部は源実朝、第2部はフビライ・ハンの時代が中心となって
描かれる壮大な物語。

第一部で描かれる実朝像がなんとも魅力的。歌人として名をはせた彼の作歌と
吾妻鏡 からの引用が随所に挟まれるのだが、それが物語にうまい奥行きを与えている。
私が歴史を学んでいるときには、実朝はなんとも影が薄い人物だなあくらいにしか
思っていなかったのですが、、、見直しました!

第二部ではフビライの使命をうけたマルコ・ポーロが活躍するのですが
彼の見聞きする風物が魅力たっぷり。マルコの語り自体も、魅力たっぷり。
この物語自体が「語りの物語」であるが、その「語りのもつ魅力」というのが、
大きな良さになっていると思う。

平家滅亡のときの安徳天皇と3種の神器の扱いも、説得力があったし、
実朝と元朝の時代的隔たりをつなぐやり方も、実に上手い。


第二部のもう一人の主人公、南宋最後の皇帝がまた切なくて涙をさそいます。。。

そして第一部第二部を通してのキーパーソンが安徳天皇であり、
高丘親王なわけですが。。。
高丘親王といえば、、渋澤龍彦の「高丘親王航海記」という作品があり、
それにインスパイアされたということは作者自身が述べている。
(これもぜひ読んでみなくては)


でもクライマックスシーンはちょっとナ○○カ。。。とか思ったりして(爆)
というのはおいておいて、壮麗な描写に感動。元の襲来についても
きちんと説明がついてしまう、細部まで考えられた伏線も、とてもすばらしかった。
そうそう、本の一番最初にある記述。古事記の引用。
いったいこれがどういう関わり?と頭のすみっこで疑問に思いながら読み進めていったのだが
驚きの解釈が成されていたりして。とにかく見事な物語でした。


|

« 「雨のち晴れ、 ところにより虹」吉野万理子 | Main | 「キサトア」小路幸也  理論社 »

あ行の作家」カテゴリの記事

マンゾク!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「安徳天皇漂海記」宇月原晴明:

« 「雨のち晴れ、 ところにより虹」吉野万理子 | Main | 「キサトア」小路幸也  理論社 »