« 2005年読了本ベスト | Main | 「図書館の神様」瀬尾まいこ »

「凍りのくじら」辻村深月

star-parple1「凍りのくじら」辻村深月 講談社ノベルス

凍りのくじら


有名カメラマンの父は5年前に失踪し、母は入院中。理帆子は父親の影響で「ドラえもん」をこよなく愛し、「SF=スコシ・フシギ」を真似して、自分の周りにいる人々を「スコシ・ナントカ」という言葉にあてはめるという遊びをしていた。
周りの友達は自分とは違う、だから自分には本当の居場所は無いと考えている理帆子。
ある日、高校の図書室で、別所という青年に出会い、写真のモデルを頼まれた。
そこから少しずつ理帆子に変化が。
いっぽう、理帆子の以前の恋人、若尾の様子がおかしくなりはじめ・・・

「ドラえもん」がモチーフになっていて、各章の道具立てにも、ドラえもんの道具が
使われています。それは知っていて、読む前は「うーんそれってどうなんだ・・・」と
思っていたのですが、実際に読んでみるとモチーフとの絡ませ方と物語の盛り上げ方が上手いなあと思った。
ただ、「これはやっぱり『ドラえもん』という偉大な作品の力を借りているのでは」と思わないこともないのだけど。
そして繊細で濃い心理描写がすごい。若いのによくこんなに緻密に書けるなあと唸ってしまいます。


理帆子は、「私は頭がいい。本をたくさん読んでいる。だから、頭が悪く本も読まない他の子とは違うんだ。そういう子とも適当に仲良くしているけど、そこは本当の私の居場所とは違う。だから私はいつでも『少し不在』。」
と考えている。
傲慢な考えだなーと思う反面その気持ちは少し分からないでもない。同じようなことを考えていた時期が私にもあったと思う。ただ、大きくなるにつれ、決して自分だけが特別なわけではない、周りに「できる」ひとはたくさんいる、ということを知り、自分と世界の折り合いをつけていくものなのではないだろうか。
そういう意味で高校生になっても「自分は頭がいいから孤独」と思っている理帆子は痛々しいし可哀相だなあと思う。

まあ、これは、そういう理帆子が別所あきらとの出会いによって変わっていき、それと同時にいままで見下していた世界の見方が少し変わる、という話ではあるのだけれど。

最初は、理帆子の性格、繰り返し語られる「私は頭がいいから・・・」「本を読んでいるから・・・」という語り口に辟易し、キミ、生きてて楽しい?と突っ込みいれながら読んでいましたが、
けれども、終盤、母親の手紙の部分で泣いてしまった。
この理帆子の母親はいいキャラだと思う。
もう少し、母親について、それから両親の関係について、突っ込んだ書き込みがあったらよかったのではないかなあ。

それと、自分は違う世界の住人だ、と思っているくせに他の子と適当に仲良く騒ぐ、という付き合い方は
これっていまの若い子に特有のものなんだろうか。友達は刹那的なもの、ケイタイのメモリにたくさん番号がないと寂しい、みたいな考えは。


理帆子の感じている孤独、それは水面に張った氷に閉じ込められた鯨のように、
わずかに空いた穴から懸命に息継ぎをしなければ生きていけないような、
そんな生き辛さなのだろう。それは、よく分かる気がする。
かっこよい言い方をするならば、この小説も、理帆子があびせてもらった「光」に成りうると思う。
10代、20代の人にはとくに心に迫ってくると思います。おすすめ。


それにしても、最後の最後で、「うわ・・・!」と驚かされました。そうか、これ
ミステリだったんだ。。。やられたー^^;;

理帆子のしている『スコシ・何々』、それ自体は人間にレッテルを貼っているようであまり褒められた行為ではないけれど、言葉あそびとしては面白いなと。
さしずめ私は、、、スコシ・フソン(不遜)ってところでしょうかね(爆)

|

« 2005年読了本ベスト | Main | 「図書館の神様」瀬尾まいこ »

た行の作家」カテゴリの記事

マンゾク!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「凍りのくじら」辻村深月:

« 2005年読了本ベスト | Main | 「図書館の神様」瀬尾まいこ »