« 「クライマーズ・ハイ」横山秀夫 | Main | 「博士の愛した数式」小川洋子 »

「本格小説」水村美苗

star-parple1「本格小説」水村美苗 新潮社文庫

本格小説〈上〉本格小説〈下〉

作家、水村美苗は、ある雨の日、自分をたずねてきた若い男から、ひとつの物語を語られる。それは 東太郎という一人の男と、彼をとりまく3姉妹の、一代記ともいえる壮大な物語であった。 美苗は、子供のころ父親の仕事の関係で若き東太郎を知っていたのである。

物語をとおして東太郎という一人の人間の生き様がまざまざと浮かび上がる。
これぞ小説を読む醍醐味。久々に堪能しました!


なんといっても東太郎の一途な気持ちに胸をうたれます。
また作中で描かれる3姉妹のいかにも「上流階級」な暮らしの様子も興味ぶかい。

上巻では水村美苗の私小説風な形式で描かれている彼の人生に、
どのように繋がっていくのか。

ちょっとミステリアスな要素もあったり、最後にいささか意外な展開もあったりして、
ページを繰る手を止められません。

まさに「本格小説」という題名にふさわしい読み応えのある小説でした。


余談ですが、ちょうど同じ時期に購入したCDがなんだかこの本のBGMに
ぴったりだと思うので紹介。

LIBERA 「VISIONS」

Visions

ボーイソプラノのCDなのですが、聞いているとなぜか「浄化」という
キーワードが浮かんできます。
とくに2曲目の「カノン」をアレンジしたものがいいです。
この物語のクライマックスも「浄化」だと感じたので。。。

|

« 「クライマーズ・ハイ」横山秀夫 | Main | 「博士の愛した数式」小川洋子 »

ま行の作家」カテゴリの記事

マンゾク!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「本格小説」水村美苗:

« 「クライマーズ・ハイ」横山秀夫 | Main | 「博士の愛した数式」小川洋子 »