« たらいまわし企画・第17回「子どもと本」 | Main | 「小説以外」 恩田陸 »

「桃」姫野カオルコ 

「桃」姫野カオルコ 角川書店
桃


「ツ・イ・ラ・ク」のサイドストーリー的というか、
ツ・イ・ラ・クの中の出来事を別の人物が別の視点から語ってゆく短編集。

正直いって「ツ・イ・ラ・ク」は前半の作者の語り口についてゆけず、
面白くなってきた後半からは読み飛ばしてしまったのだった。

でもこの「桃」とくに、『高瀬舟、それから』と『桃』はよかった。
なぜかというと、作者のよけいな突っ込み?(ツ・イ・ラ・ク前半はこれが
多くてしかもそれがほとんど共感できないので駄目だったのだ)があまり入らず
主人公の感情がストレートに伝わってくるから。
ので今なら「ツ・イ・ラ・ク」も読めるかも。もう一度、再読してみようと思う。

|

« たらいまわし企画・第17回「子どもと本」 | Main | 「小説以外」 恩田陸 »

は行の作家」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「桃」姫野カオルコ :

« たらいまわし企画・第17回「子どもと本」 | Main | 「小説以外」 恩田陸 »