「ロスト・トレイン」中村弦

「ロスト・トレイン」中村弦  新潮社

廃線跡めぐりが趣味の牧村は、同好の士、平間と仲良くなり、地元が同じことから、親しくなる。だがある日、平間は忽然と姿を消す。牧村は手掛かりを探し、彼が失踪前に口にしていた「日本の中にはまだ世に知られていない廃線があり、それを端から端までたどると、奇跡がおきる」という噂の真実を探り始める・・・


ファンタジーノベル大賞作家の中村弦さん。
この賞出身の作家さんはわりと趣味にあうことが多いので、ひととおり読むようにしています(すべてではないけど)
受賞作の「天使の歩廊」も謎の建築家と洋館をからめたファンタジーで面白かった!

で、これも面白かったです。鉄道好き(いわゆるテツ)ならさらに楽しめるかも。
廃線跡の噂をさぐるあたりはミステリだし、後半はファンタジー風味が加わり、1冊で2倍楽しめる感じです。
人はなんのために鉄道に乗るのか?
しみじみとした余韻がただよう作品でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ちいさいおうち」中島京子

「ちいさいおうち」中島京子

昭和10年代に東京郊外の赤い屋根の小さな洋館で女中をしていたタキの回想。
かわいらしい奥さまと、かわいいぼっちゃんの世話で、日々が充実していた。
しかし、戦争がしだいに影をおとし・・・

すばらしかった!
久々に、一気読みをしてしまいました。
直木賞をとったそうですが、当然だと思います。
文章が、派手さは無いけど、しっかりしていて、言葉の使い方が的確で、滋味深いのです。

メインのストーリーは昭和初期にお手伝いさんをしていたタキの回想録です。
お手伝いさんといっても悲惨な感じとか(おしんみたいな)ではなくて、自分で言ってるように「花嫁修業みたいなもの」。仕えている先が、ある程度裕福で、お家も綺麗だから、なのでしょうが。
この年代は、満州事変から太平洋戦争につきすすんでいく、暗い時代だったんだろう、と後生の私達なんかは思ってしまうわけですが、実際のところ、(戦争終末期はともかく)わりと裕福な一般市民は、こういうのんびりした雰囲気もあったのかもしれませんね。

で、ふつうにあの時代のタキの一代記、として読んでも面白いのですが、そこにいろいろ(恋とか!)
絡んできて、とくに終章のストーリーは圧巻です。

終章まで読むと、題名の「ちいさなおうち」の意味しているところが分かります。

とにかく上手い!
久々に大満足の読後感でした。

中島京子さんはだいぶ前になりますが「イトウの恋」も読んで、こちらも面白かったです。
これは、明治時代に東北を旅した女性イザベラ・バードの従者のイトウの手記。という構成。
中島さんはこういう「語りモノ」をまじえたスタイルが得意なのかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ウェディング・ベル」 五十嵐貴久

五十嵐貴久「ウェディング・ベル」

前作の「年下の男の子」はそれなりに面白く読んで、その続編なので楽しみにしてたんですけど。

38歳の晶子と24歳の児島くん、紆余曲折をへて付き合うまでが前作、今作は、
結婚にいたるまでのあれこれ、って感じなのですが、
二人の年齢差がメインの障害って感じでとりあげられ、つまらんを通り越して軽く不愉快!
いや、現実にそういうことがあったら、たぶん、現実問題としてそれは大きい壁になるんだと思います。が、小説なんだからそういうリアル感は別にいらないのよ。

あと仕事のことに関しても、晶子は38歳で乳業会社の課長なのですが、とある製品の販売方式をめぐって部長どうしの対立に巻き込まれトラブルが・・・
ってその悩みの解決の方式も「え?さんざん引っ張ってこれ??」みたいな。そこは甘すぎるだろっていう、逆にリアル感無さ過ぎのオチ。


しかも、本の終わりの方に近付いても、いっこうに結婚問題については解決感が得られない。
これって、どうするつもりなんだろ。。。と思いつつページをすすめると、
ラストは、「なんじゃこりゃ」(つまり、いっこうに解決しない)なラスト。


これちょっとひどいんじゃないの^^;;

つまらん本を読んでしまった・・・がっかり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ニーベルングの城」「美神の黄昏」 宇神幸男

これ、4部作で「神やどる手」「消えたオーケストラ」が1作目と2作目です。
が、なにぶん古い本なので入手困難かも・・・ 一応、前作を読んでなかったり、バラバラに読んでも(3と4は通して読んだほうがいいですが)まあ大丈夫かなと思います。
私も「消えたオーケストラ」はそれこそ15年くらい前に読んで、続編を見つけられず、ひょんなことから今年見つけて読みました。

「神やどる手」 は、長年沈黙を守ってきたピアニストの録音が発売されるがそれに絡んだ事件が・・・。という話。
「消えたオーケストラ」 は、題名どおり、オーケストラ1つが丸ごと消滅した、というミステリ。


ニーベルング・・・は、ナチスの秘宝(ロンギヌスの槍とかw キターー!って感じですw)とフルトヴェングラーが絡むミステリで、個人的には、とても面白かったです。著者の宇神さんはクラシックにかなり詳しいようで、作中のフルヴェンの演奏会はほぼ史実どおりだそうなので、該当する演奏を聞きながら、みたいな楽しみ方もできそう。

3を読んだら、4を読まずにはいられない作り(っていうか、明らかに、続き物です)なんですが、
4は、ちょっと失速ぎみかも^^;;

宇神さんは結局この4部作以降は(というか、これ以前にも1作くらいですが)小説を書いてないみたいです。ちょっと残念ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仏果を得ず 三浦しをん

「仏果を得ず」 三浦しをん

文楽の義太夫修行中の健。人間国宝の師匠に翻弄されたり、寡黙で厳しい三味線とコンビを組むことになってしまったり、恋をしちゃったり。いろいろ人生に苦労しつつも文楽の道を極めるために突き進む!


おーもーしろかった!!
深く考えずにひまつぶしのつもりで読み始めたのだけど、ものすごくひきこまれました。
何せ見たことがない文楽というものにがぜん興味が出てしまったくらい。

それほど作中では文楽の魅力が熱く語られていました。1章ごとに出てくるいろんな作品も
とても興味ぶかかった。
文楽の人間国宝といえば、人形つかい?と思っていたけど、義太夫というのも、そしてもっといえば
三味線も、とても重要なんですね。
そして義太夫と三味線の間にはかたい絆が・・・(ずっと特定の人と組んだりするらしい。それを相三味線というらしい。そのへんんがいかにも三浦さんらしい書き方。って、べ、べつに腐ってなんか・・・げふんげふん^^;;)

なんだかんだ言って文楽のことしか考えてない健(そのわりに恋しちゃったりする)とか、
健の師匠の銀太夫とか、健の組む三味線の兎一郎さんとか、みんなキャラがおもしろくて
素敵なのです。
おすすめー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«ひそやかな花園 角田光代